CASE STUDY

シンエイ動画株式会社の人気アニメ作品
『あたしンち』『美味しんぼ』YouTube配信プロデュース
フルサポートで数十万人を超える
チャンネルへと成長

RELEASE DATE : 2022.3.22

『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』『あたしンち』を主軸としたテレビシリーズや劇場版映画、配信用映像などをはじめ、様々なアニメーション作品を制作するシンエイ動画株式会社。子供から大人まで、幅広い世代の方々に楽しんでいただける映像制作、放送中の作品に加え、過去作品の二次利用ビジネスについても積極的に取り組んでいる。

ALPHABOATでは、シンエイ動画株式会社が制作した大人気アニメシリーズ『あたしンち』(原作/けらえいこ 2019年12月年よりAERA,noteにて新連載中)、そして『美味しんぼ』(原作/雁屋哲 作画/花咲アキラ「ビッグコミックスピリッツ」連載)の公式YouTubeチャンネル・公式Twitter運用及び著作権管理をサポート。

あたしンち公式YouTubeチャンネル

2020年5月15日(金)開設 あたしンち公式YouTubeチャンネル

▼『あたしンち』とは
『あたしンち』は、大雑把だけれども何事にも一生懸命な母と、無口でマイペースな父、そして夢見がちな高校生のみかんと一見クールだけどナイーブなユズヒコの4人家族である”タチバナ家”の日常を描いた、けらえいこ原作の漫画作品。思わず「クスっ」と笑ってしまうような日常生活の些細な話をテーマにした、誰しもが共感できる日本の家族を描いている。『あたしンち』公式YouTubeチャンネルでは、過去のアニメ放送作品(2002~2009年『あたしンち』、2015~2016年『新あたしンち』)を順次配信しているほか、同チャンネル限定の特別映像など、多数のコンテンツを期間限定で無料配信中(※配信内容は時期によって変動)。

2020年10月2日(金)開設 美味しんぼ公式YouTubeチャンネル

▼『美味しんぼ』とは
『美味しんぼ』は、原作・雁屋哲、作画・花咲アキラによる大人気コミック。東西新聞文化部の記者である主人公・山岡士郎と、同僚の栗田ゆう子を主要な登場人物として、「究極のメニュー」を作ることを目指しながら、食を通じて様々な人の悩みを解決していくヒューマンドラマである。小学館が発行する「ビッグコミックスピリッツ」に連載され、累計発行部数1億3,500万部を記録、日本のグルメ漫画ブームの火付け役にもなった。『美味しんぼ』公式YouTubeチャンネルでは、1988年10月17日から日本テレビ系列で放映された全121話が期間限定で配信中(※配信内容は時期によって変動)。

本プロジェクトでは、過去にテレビ放映された通常回の全話配信のみならず、これら公式YouTubeチャンネルでしか観られない特別映像の企画編成・制作編集・配信までを行ってきました。さらに、ALPHABOATがもつSNS運用の知見を活用し、YouTubeコミュニティ欄や公式Twitterの運用までをフルサポートいたしました。

■ALPHABOATが企画制作した特別映像の一例
チャンネル運営においては、作品ファンのコミュニティ育成を重視し、YouTube・Twitterを横断して数多くのファン参加型企画を実施。さらに視聴者のインサイト分析やクリエイティブABテストに基づいたチャンネル運営を行ってきた。両チャンネルは、開設からわずか数か月で数十万人のチャンネル登録者を獲得しており、現在も成長を続けている。

■ファン参加型企画の一例
YouTubeコミュニティ欄とTwitterを活用して行われた「あたしンちキャラクター総選挙」

企画を通して熱心なファン同士のコミュニケーションも見受けられました。

■チャンネルの周年にあわせた特別企画の一例
視聴者コメントや視聴データをもとに企画された
「#朝まで美味しんぼ ザ・ベスト20」

オールナイト配信にも関わらず多くのファンが集まり、盛り上がりを見せました。

『あたしンち』『美味しんぼ』ともにYouTubeを活用することによって、これまで作品に触れたことのなかった新規ファンにまで、幅広く視聴されています。

BRANDS TOP